【ネタバレ感想】2019年舞台観劇感想総まとめ!個人的ベスト3を考えてみました

2019年観劇まとめ 趣味

最近、記憶力の低下が著しく、自分が観たはずの舞台の内容も思い出しづらくなって備忘録として感想記事を書いていくことにしました。

のちのちの老後に読み返すのを楽しみにしています。

しかし全ての感想を書くつもりでしたが、思うように書けず半分も達成できたかどうか…。今後も頑張っていきたいところです。

とりあえず総まとめ的に自分の見たものの一覧と簡単な感想、最後に個人的なベスト3を考えてみたいと思います。

私だけが楽しい記事かと思いますが、万一読んでくださる方にも共感していただけるところがあれば幸いです。

2019年舞台観劇感想総まとめ!1年を振り返ってみたよ

スリル・ミー

2019年観劇まとめ

2019年観劇初めは、「スリル・ミー」

完全犯罪を起こそうとする2人の男の話。

成河さんペアを観たいと思っていましたが、時間の都合がつかなくて松下・柿澤ペアを観劇。しかし今年朝ドラ「スカーレット」で松下演じる八郎さんにドハマりしたので、このペアで観ていたのが今になって嬉しかったり。松下さんの声が大好きです。

初演を見ていた記憶がありますが、その時の私はまだ親になる前。今回の観劇では1児の親になっていたので、主人公たちの事件シーンは結構胸が苦しかったりしました。でも少人数芝居の凄さとか、話にぐっと引き込まれる感じとか、やっぱり面白い作品だなと改めて思いました。

ノートルダムの鐘

2019年観劇まとめ

劇団四季のミュージカル。ノートルダムに住む鐘つき男の話。

チケット運やご縁に恵まれまして、毎回最前列だったり2列目だったりしたノートルダムの鐘。そのおかげで大変良い思い出です。普段はそんなに座席にこだわりなく観る方なんですが、この観劇をしてから座席の大事さを知りました。

もちろんお話も面白くて、ディズニー映画のエンディングと違うことに驚いたり、フロローさんが丹念に描かれていて予想外に萌えてしまったりと、ハマってしまった作品。

音楽がとにかく良くて、大音量を身体中に浴びた記憶が鮮明です。

ラブ・ネバー・ダイ

2019年観劇まとめ

オペラ座の怪人のその後の物語。

私はもともとオペラ座の怪人が大好きで、オペラ座の怪人の最後は綺麗に終わっていると思っていたので続編があることに最初ちょっと抵抗があったんですが、観劇してみたら最高に面白かったです。特に、怪人と男の子が一緒に歌うシーンは圧巻。このシーンだけでも何度でも観たい!

ただお話自体はなんていうか、ラウルどうしちゃったんだよ!とか、ラウルと怪人の決着は全然ついてなかったんかい!とか、メグどうしちゃったんだよ!とかツッコミの止まらない感がありました。でも好き!面白い!

笑う男

2019年観劇まとめ

口が裂けてる男の悲しい切ない物語。

こちらの作品は何の前情報も持っていなかったので、観劇する前に映画で予習をしました。映画を観ておいてよかったなとちょっと思うくらい、舞台だけでは感情移入はできなかったかなと。でも主人公の笑う男の過去はミュージカルの方がわかりやすかった気がします。映画と舞台、両方を観てようやく全体を楽しめた感。

とってもピュアな少し暗めの話という感じなので、好みの分かれるお話かと。私はというと好きなキャストさんが多く出ていたのでわりと楽しめた方です。

キンキー・ブーツ

2019年観劇まとめ

経営傾いている自社の立て直しを図る物語。

めちゃくちゃ大好きな作品。再演は初演より練り上げられている印象があって大変大変すばらしかったです。総じて父と息子のお話で、私はこの「父と息子の関係を描いたお話」が昔から大好きで、キンキーブーツも胸にギュッと来てしまいます。

FNSにも出演しており、録画を何度も見た娘が踊って歌えるようになっていたのに驚きました。これはいつか連れて行かねばなるまいと思っています。

もうひとつ。チケットの先行抽選予約に参加し、大千秋楽を当選していたのにお金を払うのをすっかり忘れて無効となるという初めての経験をしました。こんなに自分をボコボコにしたい衝動にかられたのは初めてでした…。自分のバカバカ!

エリザベート

2019年観劇まとめ

ハプスブルグ家没落の物語。

何度も再演された作品ですが、今回は新キャストに加わった方がとても気になる!ということではるばる上京してきました。かっこよさに定評のある古川くんのトート閣下!容姿はとても人間離れしているけれど、どちらかというと人間味のあるしぐさや表情にめちゃくちゃ親近感を覚えてシシィとの恋愛話がすっと入ってきました。1回しか観られてないので再演が楽しみです。

レ・ミゼラブル

2019年観劇まとめ

パンを盗んで19年牢獄に繋がれた男の話。

大好き過ぎるお話なんですが、舞台としては旧版の方が好き過ぎて、新版に今までなかなか本腰を入れられなかった私。しかし今回は気持ちを切り替えることができたのか、かなり集中して見ることができました。嬉しい。キャストがまた変わったのが面白かったのでしょうか。

新キャストとしては、上原ジャベールが好みのジャベールで大変大変美味しかったです!美しい!かっこいい!今後集中して見ていきたいジャベールです。公演期間中に上原君をゲストに招いた面白いセミナーがあったので参加してきました。こちらに記事をまとめましたので良かったら>>>「栄中日文化センター「プロデューサーがお教えするミュージカルの楽しみ方」を聞いて上原理生さんがますます好きになった!

ピピン

2019年観劇まとめ

自分探しの旅に出る王子の物語。

予習としてブロードウェイ版の録画を観ておいたのですが、これは私の教養の低さや理解度の低さが問題なのかもと思うのですが、正直好みの話ではなくて!楽しめるか不安だった作品。でもさすが城田優という思わされる舞台でした。きちんと記事にまとめていたので詳しいことはこちらの記事から、よろしければぜひ!>>>「【観劇ネタバレ感想】ミュージカル「ピピン」in名古屋を観劇して思うことつらつら

王様と私

2019年観劇まとめ

家庭教師に来たイギリス女性とシャム王の物語。

有名な物語ですが、渡辺謙がブロードウェイデビューしたことで話題にもなった作品です。ずっと観てみたいと気になっていたので今回の来日版はとても嬉しかったです!こちらも記事にまとめていたので詳しいことはこちらの記事から、よろしければぜひ!>>>「【観劇ネタバレ感想】ミュージカル「王様と私」!名作と渡辺謙と大沢たかおについてつらつらと

ジーサス・クライスト・スーパースター

2019年観劇まとめ

劇団四季ミュージカル。キリストの最期の七日間の物語。

のちに海外版のジーザス・クライスト・スーパースターを観劇する予定があったので予習がてら観に行ってきました。こちらも記事にまとめていたので詳しいことはこちらの記事から、よろしければぜひ!>>>「【観劇ネタバレ感想】劇団四季ミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」を久しぶりに観劇して

ドライビング・ミスデイジー

2019年観劇まとめ

老夫人とその運転手の友情物語。

予習として映画を観ていきました。これは映画を観ていった方が良いんじゃないかと思います。映画も舞台もポンポン話が進んでいくので初見だったらついていけたかどうか。歴史的背景も知っておく必要があると感じました(ところどころわからないネタがあった私…)全体的に淡々と進み、大きな盛り上がりはないのですが観劇後にじんわりと来る良いお話。

こんなに年老いてからでも最高の友人ができるのは、ぼっち活動の多い私にはかなり希望のある話でした。作中に高級車が何台も出てくるので好きな人にはその点でも面白いのではないかと。観劇した後に以前行ったトヨタ博物館に行きたくなったりしました>>>「【長久手市】クルマ好き・カレー好きの子連れ家族はレッツゴー!半端ない数の車が見られるトヨタ博物館

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

2019年観劇まとめ

売れないロック歌手ヘドウィグの物語。

私はこの作品は映画が初見。めちゃくちゃハマった映画です。なので舞台がどんな作りをしているのか凄く興味がありました。なかなか観る機会がないまま月日が経ち、ようやく今回観劇できたという思い入れの強い作品。感無量です。主演浦井健治はもともと好きな俳優ですが、このヘドウィグでさらに大好きになりました。ピュアで力強く、美しいヘドウィグ。

観劇中、何度も席を立つことにもちょっと驚いた作品。その度に「座りなさい」と言われるのが面白くて仕方ありませんでした。ノリノリに乗っている観客もいましたが私はそういうのが苦手で席が端の方で本当に良かったと胸を撫でおろしました。でも最後の曲だけは、rainに合わせて上げた右手は今までにないくらい高く突き上げてしまいました。感無量。

開演前に舞台上のセットを写真に撮ってOKなのは感動。めちゃくちゃたくさん撮りました。前奏のバンドも動画OKなのも最高でした。

ジーザス・クライスト・スーパースターコンサート版

2019年観劇まとめ

キリストの最期の七日間の物語のコンサートバージョン

国内ミュージカル俳優と海外有名ミュージカル俳優とのコラボコンサート。こんなに豪華なコンサートある!?ってくらいテンションの上がるコンサートでした。それが台風の直撃により一部公演中止となる悲劇。幸い私が取っていた日は、開演時間を変えての開催となり、なんとか新幹線も動き観ることができました。こんなにハラハラしたことは今までなかったけど、こういうパターンもあるということを改めて思い知りました。

コンサートの内容は、これぞまさしくジーザス・クライスト・スーパースター!現代劇となっておりロックミュージカル感満載で観ていてかなり血が沸騰しそうでした。どの人も最高!海外俳優さんの美声のすごいこと!海宝さんと成河さんが個人的に大ヒット!できることならもう一度観たいコンサートです。

ファントム

2019年観劇まとめ

オペラ座に住む怪人の物語。

劇団四季のオペラ座の怪人とは別のオペラ座の怪人。音楽も話も全然違います。私はこの作品がかなり大好き!!何度か再演も観ましたが今回はまた深くハマったような気がします。こちらも記事にまとめていたので詳しいことはこちらの記事から、よろしければぜひ!>>>「【ネタバレ感想】ミュージカル「ファントム」を観劇!愛に溢れた演出の城田優と予想を超えたファントム加藤和樹が素晴らしかった!

ビッグフィッシュ

2019年観劇まとめ

想像豊かな父と現実的な息子の物語。

父と息子が関係をこじらせているお話が好きな私は、この作品をとても楽しみにしていました。しかし想像以上にはハマることができず…期待値を上げ過ぎたのかな?とちょっと残念な気持ち。この父が全然人の話を聞いてくれないところにモヤモヤしてしまって集中できなかったところがありました。でも後半のネタばらしはとてもワクワクして、2回目を観る機会があればもっと入り込めたかなという気がします。

実は映画も過去に観ているのですが、映画もいまいちピンとこなかった私。好みの問題なのかな?とか、時期的に大ハマリしていた上述の作品ファントムの合間に観たからかな?とか考えています。

2019年舞台観劇感想総まとめ!個人的ベスト3は?

こうして1年を振り返ってみると、全然感想記事が書けてなかったんだなとびっくりです。

どの作品も素晴らしくて甲乙つけがたく、ベスト3をあえて考える必要もないのですが、のちのちに読み返した時にこの年の自分はこんな風に考えていたのかと振り返ってみたいので、ベスト3を挙げておこうかと思います。

 

では結果…!

ドドン!!!

 

第3位:キンキーブーツ

第2位:ジーザス・クライスト・スーパースターコンサート

第1位:ファントム

ファントムは堂々の1位でしたが、2位以下は少し悩みました。あー本当に今年もすてきな作品に出会えてうれしかったです。

観劇数は意外にも10を超し、たくさん観られたことに満足しています。ひとえに協力してくれた夫さんのおかげです。娘が3歳になって今までより出かけやすくなったのもかなり大きかったかと。まだもうしばらくは育児優先のつもりですが、来年も頑張って観劇チャンスを逃さないようにしたいと思います。

はじめて観劇記録をまとめてみましたがとても楽しかったです。映画記録とかもまとめてみたいな…!

ありがとうございました。

 

 

コメント